40cm超のブルックとブラウンが入れ替わりで竿を曲げてくれました。下はプールで定位していた42cmのブルック。青く澄んだ水を映してか頬まで青く染まり目を楽しませてくれます。
ここでもボリュームのあるフライが効果的でした。またSalzachとの合流点はかなり広く、深さもある流れになっており、ここではStreamerも効果的でした。素晴らしい川です。

注)その後ダム工事で水質が悪化。'04年、'05年に再訪した際には魚の型、数ともに減少していました。これが一時的なもので、近い将来美しい流れが復活することを願います。



- Back




 

-  GasthofBraurup

標高は低くエサは年中豊富、水量も身を隠す障害物も豊富にあることから、この川には大きな魚たちが泳いでいます。またSalzachhから遡上する個体もあり、過去にはなんと62cmのグレイリングが釣れたこともあるとか!

ここでも大きめのアントが大活躍。岸際にピシャリと強めのプレゼンテーションをすると、ビール瓶のような太い鱒が全身を見せてガボン!
第一回目の釣行 - May '03

Mittersillの町から東、有名な観光地でもあるZell am Seeに向かって15分ほど走るとUttendorfの村への標識がみえるはず。ここを右折すると間もなく、Salzachの川にかかった橋に行き当たります。この橋を渡りすぐに右折。Salzachの土手沿いに300mほど進むとStubachがSalzachに合流する流れ込みに行き当たります。ここが入渓点です。

幅10-20m。かなりの広さと水量があり、Felberbachのような山岳渓流とは趣の異なる川。両側には木がおいしげり、岸からの釣りは困難。幸い川底は概ね平坦で固い砂利。川の中心に腰までたちこみ、両岸の木陰に向けキャストするのが良さそうです。