活躍してくれたルア−とフライ。

ことシイラ釣りに関するかぎり、ドラドスライダ−には絶対の信頼を置いています。それをイメ−ジして巻いたフライが今回のベストフィッシュを獲ってくれました。




- Next
一本目は目の前に落としたガミ−ミノ−に喰ってきました。

これこれ、この顔を見ずして日本の夏は来ません!
ひとしきりルア−でも遊んだ後、終盤締めくくりのフライでのチャレンジ。

トモの先に現れた良型は運よく活性の高い個体だったようで、ティザ−なしで素直に食ってくれました。
今回は大物は少ない様子でしたが、手頃なサイズが多数遊んでくれました。
飛翔、今年もお世話になります。
全長110cm。今回のフライではこれがベストとなりました。
実は台風が接近するさなかでしたが、この日はまだ影響圏の外。穏やかに凪いだ海で快適に楽しませてもらえました。
今回は会社の上司でもあるGT番長との出撃。早速ばんばん当たっています。
まずはルア−で様子を拝見。早速逞しいトルクが引き絞ってくれます。
七月半ば、梅雨明けて夏本番、いよいよシイラの季節。今年も土佐湾、手結からの出撃。
右手遥かに室戸岬を眺めながら、手結港への爽快なクル−ジング。
Fishy Trips
'11 土佐の万力釣り - 前編
フライだけでは釣りづらい魚ですが、ハムと番長がルア−を引いてくれるので、活性の上がってうわずった魚を狙うことができます。ありがたや〜
朝日にまぶしい黄金のボディ。