アマゾンと同じく、この魚は水のあるところ全てに存在します。いや、この広い川を埋め尽くすほどに大量にのパロメタがいるはずはないのですが、どんなに僅かであろうとも、血の匂いがする物を水に落とせば次の瞬間にはそこに黒い影があります。どう言えばいいのでしょう、それは、『突進してくる』ふうでなく、単にそこに『居る』様子なのです。これはもう魔法としか表現のしようがありません。

釣ったドラドをリリ−スする際には極力手を水につけず、速やかにするように、とも注意されました。実際、鉤がかりしてファイトするドラドの後ろを二匹、三匹のパロメタが遠巻きに窺っている場面もよくありましたし、ドラドの血の匂いに魅かれたパロメタに襲われて指をなくしたガイドも実際いるそうなのです。そんな危険な魚が日本の野池に泳いでいたら、たちまちPTAは紛糾し、町内会は自警団を組織し、国会では特別予算が承認されて最後の一匹まで殲滅されると思うのですが、南米の人は全く意に介さず、平気で子供を泳がせているから不思議なものです。
Palometa Brava、ちょっとカワイイ名前の響きではありますが、その素性は世界最大のピラニア。白く輝く歯がステキです。

容姿はアマゾンのブラックピラニアそっくりで、当初僕らは異名同種の魚かと思ったのですがガイドに尋ねても別種の魚であると言います。

そう言われてみると僕らの知るブラックピラニアに比べて、このパロメタという魚はフライへの関心が高いようにも感じられました。アマゾンでの釣りはトップウォ−タ−が中心であったため、シンキングラインで底を探る今回の釣りとは条件が異なりますが、それを考慮しても今回はこの凶悪な牙とやたら懇意にお付き合いをさせて頂いた気がします。

サイズは30〜40cm。厚みもあるため、重さにして3ポンドに迫る良型揃い。実際ヒット時の衝撃はドラドのそれに勝るとも劣らないほど強烈なものでした。一方跳躍はせず、ファイトは底へ底へと引き込むだけ。ドラドほどには華もスタミナもないのは仕方ありません。

一匹を持ち帰ってフライにしてもらいました。すると、これがどうしたことか、絶品なのです!臭みはなく、かといって淡白すぎず、上品な魚のうまみがプリプリの身の中に詰まっているのです。大柄なメバルという感じでしょうか。アマゾンで食べた超美味なナマズ、スルビンには一歩及びませんが、トクナレとは互角の味わい。現地でもてはやされるピラルク−よりもはるかに脂がのって旨く思われます。これにたっぷりレモンを絞り、軽く塩をふってやれば、それだけで僕はしあわせです。

この感動を雄弁に力説したのですが、宿の皆さんは軽くほほえむだけで特に興味を持つでもなく、たんたんとステ−キをおかわりしているから全く不思議なものです。




- Back
Palometa