モグラ叩きのようにピンポイントで打ち返す下流域の釣りは疲労は激しいものの、わかりやすい動の釣り。打って3秒以内に結果は出ます。一方、こちらは忍耐が鍵をにぎる静の釣り。川の流れを計算し、水中の世界を想像し、フライを頭の中でいかにうまく泳がせられるかが成否の分かれ目となります。

舟を浮島の脇にもやい、流芯にむかってフライを投げ入れます。まずは10mライン、そして13m、15m、、じょじょにスイングの半径を広げ、フルラインを使いきるまで探り終えれば、舟を下流に移動させて同じことを繰り返します。

意外な展開に戸惑いを感じつつも、実はこのテのネクラな釣りも結構好きな僕。幸せな空想にフライを泳がせていると、ドスン!!
Upper Corrientes
Upper Corrientes 2
フックは魚の口の左端にガッチリとかかっていました。右岸から流芯をクロスして流した時、うまくすれば掛かるのがこの場所。まさにサケ釣りと酷似した釣りです。透明度が高く視界の利くこのフィ−ルドでは、濁った下流域の釣りのようにリアクションでヒットさせることは難しそうです。しかし一方、フライの流し方、誘い方次第では魚に狙いどおりにフライをくわえさせることで、フックアップの成功率を高めることもできそう。面白くなってきました!
夕方、太陽が西の地平に沈むころ、水面に無数のライズが始まりました。羽化する蚊を狙って集まる小魚、そしてそれを狙う肉食魚。いたるところで激しいライズが繰り返されます。

この状況ではフロ−ティングラインでの小型フライの表層引きがベストマッチ。引き波の後ろに背びれを立てて、次々にバイトしてきます。日没後の一時間、たくさんのドラディ−ダ(小型ドラ-ド)やパロメタと遊ぶことができました。第一日目、首尾は上々です。
深く重い流れの底で何かが僕のフライをひったくりました。水面に音をたててラインが走った次の瞬間、あさっての方角で跳ね上がった金色の魚体。『きたっ、ドラ−ド!!』

二度三度と跳躍を繰りかえす魚を尻目に可能な限り速くラインを巻きとります。そして竿を下ろし、左手渾身の力でアワセを入れます。二度、三度、、よし、(多分)乗った!

ボ−トの下に潜りこもうとする魚をタメ、強引に浮かせます。飴色に揺れる水底から、怒りに筋肉震わせる闘神の姿が、ゆっくりと浮かびあがってきます。なんという輝き、まさに黄金!

一見して、昨日までを過ごしたEsquina近郊の下流域とは異なる雰囲気に気づかされます。川幅は50m前後と格段に狭く、激しく蛇行するその岸には岩や倒木は見当たりません。それもそのはず、あたりは一面、葦と浮き草が織り成す緑の絨毯。この一帯では陸地というもの自体、ほとんど目にする、或いは踏みしめることができないのです。そして冒頭でも触れた、ウイスキ−色に輝く水。濁りが強く視界が30cmほどしかなかった下流域の水とは異なり、ここの水は素晴らしく澄みきっています。流れは思いのほか深く、流芯では平均して3〜5mもあるようでしたが、川底に揺れる水草にまでも太陽は琥珀色の光を投げかけていました。

となると当然、釣りのスタイルも下流とは違うものになってきます。ここでは岸際や倒木を狙い、ギリギリを打っていく釣りが成立しません。なぜならここには岸というものが存在せず、仮にあったとしてもそれは繁茂するホテイアオイの群生であるなど、ドラ−ドが身を隠し潜むに適していない場合が多いからです。また、このように視界の利く透明な水中では魚は日中は水底深くに潜る傾向。流芯の底に定位して頭上にベイトが通りかかれば一気に跳び出して襲うという寸法です。これを狙うにはシンキングラインをカウントダウンして沈め、流れにスイングさせて誘いをかける、まさにサケ釣りの技術が求められます。
空の果てまで広がる、イベラ−大湿原。なみなみと注がれたウィスキ−色の水は、湿原の南端で一筋の流れとなって歩み始めます。それがコリエンテス川の誕生。

今回僕らが訪れた釣り宿、El Doradoはそこからわずかに南、即ちコリエンテス川の最上流部に位置します。無数の水路が網の目のように走る広大な湿原部分、地形が安定し魚の付き場が特定し易い川の部分、その双方を状況次第で釣りわけられる点でこの宿は非常に恵まれた立地にあると言えます。

偉大なるウイスキ−の底に眠る金塊を目当てに、四日間、竿を振ることになりました。