上図の遡上数を見る限りは、Varzugaこそが最善の選択肢に見受けられます。ただし、それはあくまで遡上数で測った場合。Varzugaに昇る個体は二年魚(海で二年を過ごし回帰する個体)が圧倒的多数であり、多くの釣り人が究極目標とする三年魚、四年魚の比率が極端に少ないのです。

下段のグラフはVarzuga(赤)、Kola(緑)、Litsa(青)の三河川でのサ−モン重量分布ですが、Varzugaでは90%超が3kgまでの個体。5s以上の個体はほぼ存在しません。それに対しKolaやLitsaでは5kg前後の大型、10kgに迫る超大型までも一定の比率で存在し、夢のあるフィ−ルドであると言えます。
いざサ−モン釣行に出るとして、どこに行くべきか。右に示すのはコラ半島のある一年のサ−モン遡上数の記録ですが、実にその半分近くをVarzugaが占め、二番手に天下のPonoi、そしてKolaが続きます。それぞれの川には多くの支流が存在するため、実際のフィ−ルド数はもっと多くなりますが、上述した三河川がコラ半島の、すなわちロシアにおけるサ−モンフィ−ルドの横綱大関と言って間違いないでしょう。

但しコラ半島に昇る鮭をすべて足しても13万匹。同じ頃、アラスカではKenai川一本に、100万を超すRedSalmonがひしめきあうわけですから、正しい前提理解をもって臨む必要があります。
太平洋側に目を移せば、サ−モンの種類は多く、個体数は桁違いです。北米には毎年数十万匹もの鮭が遡上する豊穣の大河も数多く存在します。しかしそれらは欧州、ことに英国のフライフィッシャ−が目標とする大西洋鮭、アトランティックサ−モンではないのです。正直僕にはあまり響かない線引きなのですが。

確かな違いとしては、産卵によって一生を終える太平洋鮭と異なり、大西洋鮭は産卵後も約半数の個体は生き延びて海に戻り、成長を続けることができます。またスチ−ルヘッドに似て水面への反応が良く、ドライフライでの誘い出しの釣りが成立するのは魅力的です。

欧州の中で最も恵まれた環境と呼べるコラ半島においても個体数の減少傾向は否定できません。今日では規制によって多くの川がC&Rオンリ−で管理されていますが、海洋での捕獲影響もあり、回帰率は0.05%程度。稚魚1万匹のうち、成魚として川に戻るのは5匹というのが厳しい現実なのです。その希少性がこの釣りへの憧れを増幅させるのは、仕方ないことかもしれません。
Salmon

そこまで釣り人を魅了し、狂わせるサ−モンフィッシング、その魅力は何なのでしょう。その強さ、美しさ、英国貴族の嗜みとしての長い歴史、様々な要素を挙げることはできますが、それだけで欧州各国の釣り人が、ロシアの地の果てまで大金積んで押しかける理由にはなりません。

Scandinaviaの項でも触れましたが、サ−モン釣りの人気の高さは、その激減した個体数と表裏一体です。現在の欧州で潤沢な個体数を維持できているのは、アイスランドとロシア、二歩下がってノルウェ−、この三国だけと言っても過言ではないでしょう。
多くの宿は意外にも(?)近代的。ロシア人にとってなくてはならないバ−ニャ(サウナ)も用意され、まずまず美味しい食事を用意してくれます。

宿泊費はまず、サ−モンのフィ−ルドであるか否かによって、大きく分かれます。既述の通りサ−モン以外の釣りにはライセンスすら必要ない土地柄。ロッジの価格も安く、一泊一万円も出せば家族一部屋三食付きで、快適な滞在が可能です。

一方サ−モン宿の価格は、その河川の人気度、ヘリ送迎の有無、そして時期の選択次第で、天井知らずに跳ねあがります。銘川Varzugaを寡占運営する英国代理店Roxtonsの場合、60万円/週からのスタ−ト。よい時期のよい区間は100万円を超えるお値段に対し、翌年分まで粗方予約済というのですから、世の中何か間違っていませんか?
僕自身には正直、大西洋鮭への特別な思い入れはなく、身分不相応な大金を投じてまでこの釣りを追求するつもりもありません。北米に行って気楽にシルバ−を釣れるなら、それ以上の贅沢など求めない実利主義者です。

しかし現在の僕は何の因果かモスクワ流罪の身。なればこの面倒くさいお国事情にしっかり向き合い、謎のベ−ルに包まれたロシアの釣りをひも解いてゆくのは、いきがかり上の使命であるかと心得ます。その作業のお題目として、コラ半島、サ−モンの釣りと、しばしマジメに向き合ってみたいと思っています。




- Back


その軍事的重要性から、ソビエト時代は外国人は勿論、ロシア民間人の活動にも厳しい制約がかけられていた地域。その雄大な自然、ことにサ−モンフィッシングの可能性が知られるようになったのはソ連崩壊後、比較的近年のことです。

上の地図にポインタ−を当てて頂くと、コラ半島の鮭釣り、有名河川の位置をご覧頂けます。日本のメディアで時折紹介されるポノイは、この半島の東端でバレンツ海に注ぐ大河です。

コラ半島は比較的なだらかな土地。標高は最も高いところでも1,200mに過ぎません。冬に降り積もった雪は春、極北の長い日照に暖められて半島全体を湿地に変え、無数の湖沼を満たし、ゆるやかに海へと流れ下ってゆきます。実に広大な水面積と釣りのポテンシャルを持った地域です。

Lodging

その結果、この地を訪れる釣り人の多くが、外国人向けのロッジを利用することになります。

入国に必要なビザ手配に始まり、フィ−ルドでのガイドサ−ビス、そして何より僻地への移動手段として欠かせないヘリコプタ−の手配をまとめて行ってくれる点で、その価値は非常に大きいものです。外国人の立ち入りが禁止された地域を飛び越え、特別な許可を得た釣りのフィ−ルドへ直行するには空の足が不可欠だからです。
Fishing

それから四半世紀、極端な利権争いは影をひそめ、ある程度の自由旅行も許される時代になりました。我々外国人でもフィ−ルド選択の幅が広がってきたのは喜ばしいことです。

半島内部に無数に点在する湖沼に関しては、ライセンスすら必要なく、良く言えば誰でも釣りをすることが許されています。多くの地域は交通インフラが未発達であるため、我々がふらりと訪れて良い釣りをすることは楽ではありません。ただ、腰を据えて臨めば大きな魅力と可能性を秘めた土地であることは間違いありません。
サ−モンの釣りに関してはどの河川でもライセンスが必須ですが、その金額は一日あたり1,600ル−ブル、約3千円で統一されており、(ロシア人価格に比べると約5倍ではありますが)、まずリ−ズナブル。

しかしここからが問題です。Travel Tipsの項にも記したとおり、英語で得られる情報は少なく、ロシア語を話せないことには、ライセンス購入や遊漁規則の理解、宿のアレンジや足の確保といった基礎的なことすら、何ひとつ進められないのがロシアなのです。

さらに決定的なのが、現在も残る『外国人立ち入り禁止区域』の存在。ムルマンスク市近隣を除くバレンツ海沿い地域(つまり半島の北岸全域)は2016年時点、外人の立ち入りが原則認められていません。つたないロシア語であちこち問い合わせた結果が、どこもかしこも受け入れ拒否回答・・・。僕の落胆のほど、ご想像頂けますでしょうか。
ソビエト崩壊後の急激な自由化はロシア全土に深刻な自然破壊をもたらしました。地下資源の乱開発、産業廃棄物による汚染に加え、食べるものがない人々が先を争って密漁を行ったためです。

豊かな自然に暮らす人ほど自然保護意識が希薄なのは残念なことです。川での刺し網漁は完全に禁止されていますが、中国製の網が安価に手に入るようになったことも背景に、多くの川では密猟者と取り締まり側のせめぎ合いが今も続けられています。

一方、あまりに僻地であるがゆえ密漁被害が軽微であった河川もありました。その代表がポノイです。90年代初頭、その圧倒的サ−モン資源に欧米の釣り人が訪れるようになると、それは外貨を獲得する優良ビジネスとして認知され、半ば国策として急速な成長を果たしました。銃で武装した用心棒が密漁者を取り締まり、高額な入漁料を払う外国人だけが釣り客として迎えられるようになったのです。
History

有史前から紀元10世紀の長きに渡りこの地域には北方の遊牧民、Saamiの人々が住んでいました。国という概念を持たなかった彼らの土地に、西からノルウェ−、南からロシア系のNovogorodの侵入が始まったのは12世紀。幾度もの紛争を経て14世紀初頭に国境線が引かれ、コラ半島の多くはNovogorod公国の支配下に置かれました。1478年、Novogorodが滅び、ロシアに吸収されて今日に至ります。

ソビエトの時代にはタラやサケ、カニといった漁業開発が計画経済の管理下で行われ、コラ半島の自然は比較的安定して維持されたそうです。
Geography

ロシア北西端、フィンランド、ノルウェ−との国境を成し、バレンツ海へと突き出すコラ半島。その面積は10万平方キロメ−トル。北海道(8.3万)を一回り大きくしたほどの土地に約30万の人々が暮らしています。

半島はほぼ全てが北緯66度、北極圏の中に収まり、最低気温はマイナス50度に至る極寒の地です。一方、大西洋を北上する暖流の影響で沿岸部の気候は比較的穏やか。州都である港町、ムルマンスクは世界最北の不凍港、軍事上の要衝としても開発されてきました。
Overview
Kola Peninsula