この国での釣りに取り掛かるにあたり、一冊の本を読んでみました。ソビエト崩壊からまだ日の浅い、90年代のロシアをフライロッド携えて旅したアメリカ人の紀行文です。

辺境の地にも横行する密漁、組織的な天然資源の搾取、自然破壊、、、これを読むと飛行機から見渡す広大な原野も、実は既に現代社会の脅威に晒されてきたという事実に直面させられます。そしてその状況は、それから二十年たった今も目だった改善を見ることなく、多くが打ち捨てられたままであると言わねばなりません。

悲しいことですが、ロシアを旅するということは、国家のイデオロギ−や人間の経済活動がもたらす爪痕を目の当たりにする経験でもありそうです。



- Back
ここまでの問題は、幾つかのキ−ワ−ドの綴りを知っておくことで対処可能です。気になるロッジに目星をつけ、コンタクト。しかしここで三つ目の問題として、英語で書いた問い合わせには8割方、返信が来ないのです。英語サイトを併設して外人客を意識しているらしい宿でも多くが無反応ですから、現地人向けの安宿となると、ロシア語以外はジャンクメ−ル扱いです。

キ−ワ−ドを辿って情報収取、Web翻訳の力を借りながらコンタクト、あとは現場でカタコト勝負。コストを抑えて自分の旅行をするには相応の努力が求められるのがロシア。これを面白いととるか、めんどくさいととるか、、、僕自信、正直後者ですが。
釣り関連サイト

Flyfishing Russia
ハバロフスク在住著名FFライタ-のHP(英・露)

Fishing Travel Center
ロシア全域のツア−、適正価格(露)

Roxtons

Kola半島、Varzuga川の高級ロッジ(英)

Kola Travel
Kola半島の釣り旅行、比較的安価(英)

Belousiha
Murmansk近郊のサ−モン河川(英・露)

Explore Kamchatka
カムチャッカの釣り旅行(英)
キ−ワ−ド

Рыбалка (リバルカ、Fishing)
нахлыст (ナハリスト、Flyfishing)
База (バザ、Lodge)
гид(ギイト、Guide)
лосось (ロソス、Salmon)
кумжа (クムジャ、Trout)
голец (ガリエツ、Char)
хариус(ハリウス、Greyling)
щука(シュカ、Pike)
окунь(オクン、Perch)

ロシア語翻訳

MicroSoft翻訳
Google翻訳

Fishing

ここまで苦労してアレジンジするからには相当良い釣りをしたいものですが、そこがなかなか期待通りにいきません。というのも、ロシア人は広大な国土への過信からか自然保護意識が希薄。もともとの魚食文化と相まって、『根こそぎとって焼いて食う』という姿勢がいまだ主流なのです。

メディア、特にフライ系の雑誌はC&Rの啓発に努めてくれていますが、そもそもフライ愛好家自体が希少種で、趨勢を変えるには至っていません。都市近郊は勿論、かなり辺境の地でも、魚影は期待ほどではないのが苦い現実です。
このネット時代、Russia、Fishing、等と検索すればいくつかのサイトが見つかるはずです。しかし問題が三つあります。

まず一つ目に、英語検索で見つかるサイトはそもそも少なく、欲しい情報に行きつけないことが多いのです。例えば『Japan Fishing』と打ち込むか、『北海道 アメマス』と打ち込むかでは得られる情報の量も質も変わってくるもの。ここは仕方ないところです。

二つ目に、そしてこれが大きな問題なのですが、釣りロッジやエ−ジェントはロシア人客と外国人客に全く異なる価格設定をしているのです。英語サイトで提示される価格はロシア語サイトのものに比べ2〜3倍。そこを入口とする限りリ−ズナブルな釣行は困難です。所得水準が違うのだから文句を言うに値わないという見方もあるでしょうが、同じ日程、同じ内容のツア−が、英語サイトで50万、ロシア語サイトで15万となると、なかなか釈然としないものがあります。
Getting around

およそ世界のどこでもそうですが、特にロシアでは都市近郊で良い釣りをすることは困難。飛行機や列車を降りてから、かなりの距離を移動する必要があります。旅程を組むうえで、また費用面の調整をするうえで、大きな要素となる部分です。

近年保安規制が緩和されるにつれ、レンタカ−を借りられる地域も増えてきています。が、田舎の道路の整備状況はひどく、自由にドライブして気ままに釣ることは困難です。Kola半島北部など、軍の施設に近い地域では外国人の立ち入りが禁止されたエリアが多いことにも注意が必要です。

幸い、ロシアには長距離タクシ−を副業(本業?)にする人達が多く、辺境の宿でも事前依頼すれば足の手配は行ってくれます。またガソリンの安いお国柄もあって、費用は100kmにつき5千円程。道中のトラブルに備える意味でも、ロシア人ドライバ−を雇うことが現実的な選択肢です。
Getting there

ロシア訪問の第一歩はビザの取得です。個人でビザを申請することは不可能ではありませんが、ロシア受け入れ先からの『招待状』が求められ、また自身で領事館に出向く必要があります。一方申請手続きを代行してくれる業者は多く、そのサ−ビスを利用すれば『招待状』は不要、費用も一万円未満で対応してもらえ、賢い選択かと思います。

空路については、二つの方法があります。まず最も便利なのは、成田からモスクワへの直行便。エアロフロ−トが毎日、JALも週4-5便を飛ばしています。次に、幾分価格的に安いのがソウル乗り換え。ソウル便は日本各地から頻発しており、乗り継ぎの手間をガマンできれば使える選択肢です。

東部ロシアへの便は成田からウラジオストク、ハバロフスクへの便が隔日で飛んでいます。夏場にはカムチャッカ直行のチャ−タ−便もあるようです。
3月になると雪の降る頻度は減り、気温も0度を超える日が増えてきます。踏み固められた雪はじわじわと融け、モスクワ中をベチャベチャの泥沼にしてしまいます。残雪が完全に消えるのは4月も半ばですから、実に一年の半分以上、雪を踏んで暮らしている計算です。

夏は、突然に訪れます。5月初旬のある日、眩しい朝日に窓の外を見ると、いきなり新緑の爆発!思わず声をあげてしまうほどの突然の変貌です。5月から9月初旬までが、一般的な観光に適した時期と言えるでしょう。
Planning

残念ながらロシアは英語がほとんど理解されない国です。パック旅行なら心配はいりませんが、自由旅行、特に辺境の釣りにでかけるならば、ロシア語の初歩的知識は不可欠です。

ロシア語は実際難解な言語で、そもそも独特のキリル文字が学習意欲を削いでくれます。が、本気で一晩向き合えば文字は判読できるようになりますし、旅行に足るフレ−ズは3か月もあれば覚えられます。地名や駅名が読める、挨拶ができ、何をしたいかが言える、それだけで旅行の自由度は格段に高まります。

冒頭に触れたとおり、ロシアは世界最大の国土面積をもつ国。ソビエト連邦時代は周辺の衛星国を実質支配し、まさに超大国だったわけです。ソビエトの崩壊後にこれらの国々はCISと呼ばれる(EUのような)経済共同体を構成し、(幾多の不協和音を奏でながらも)一応の団結を維持しています。


Climate

日本の北海道以北に位置し、海から離れた広大な土地。そこには短い夏と長い冬、二つの季節しかないと言っても過言ではありません。モスクワの場合10月頭には早くも雪が舞いはじめ、寒く暗い冬へ突入します。日照時間の少なさに加え、12月一杯までは暗い雪雲が立ち込め、気の滅入る時間がゆっくりと流れてゆきます。年を越し、1月から2月半ばにかけて寒さは-30度前後のピ−クを迎えます。その一方、晴れる日が増え、日照時間は伸び、気持ち的には楽になる時期でもあります。
この国をエキゾチックにする一要素に、ロシア正教の存在があります。カトリックともプロテスタントとも異なる正教(オ−ソドクス)と呼ばれる会派。ロシア正教はギリシャ正教との関係が深く、ロシア語に用いられるキリル文字もギリシャ語から発展したものだという事実は、両国間の距離や現代の希薄な関係からみると意外にも思えます。

宗教を弾圧した共産党支配の終焉を機に、破壊され捨ておかれていた聖堂や教会は再建され、劇的な復興を遂げました。資本主義化がもたらす現代ロシアの格差社会は、人々を再び信仰に、あるいはソビエト時代へのノスタルジ−に駆り立てるものかもしれません。
人類史上最初の共産主義国家、ソビエト連邦の中枢として西側世界と隔絶された20世紀を過ごしたロシア。冷戦の終結、ペレストロイカと呼ばれる自由化政策への転換にソビエトは方向性を失い、1991年の保守派ク−デタ−失敗を機に解体へと向かいました。

その後の天然資源ブ−ムに支えられ新生ロシアは資本主義的傾向を強めてきましたが、その独特な世界は現代に脈々と受け継がれています。折しも今は、1917年のロシア革命から100年の節目。波乱の世紀を過ごした大国の今に、歴史の足跡を探すのは興味深いものです。
Overview
Travel Tips