フライフィッシングの世界へ

フライフィッシングは見た目ほど難しい釣りではありません。ただし、エサを使った伝統的な釣りに比べると自由度の高い釣りだとは言えるでしょう。自然を観察し、毛鉤として模倣し、そしてそれを自然界の虫であるかのように飛ばせ、流し、その出来栄えを魚達に直接問うことができるわけですから。

新緑の渓、ゆらめく魚影。とっておきの毛鉤をそっと流れにのせれば、蝉の声も静まる一瞬の交錯。そんな極上の時間を楽しめるフライの世界へ、ようこそ。



- 戻る








フライ(毛鉤)

自然の中でサカナ達が食べている昆虫は多岐に渡り、それらに似せたフライを巻くのは幾らかの知識とちょっとした慣れが必要です。西洋の水辺で紡がれた伝統的なレシピも多数あり、それらを学びながら遠い水辺を想うも楽し。自分の創作したオリジナルレシピにサカナが飛び出してくれれば、勿論それもまた楽し!
一瞬の勝負

サカナの俊敏さは相当のものです。フライをくわえたその瞬間には、それが偽物であることに気づき、次の瞬間にはフライを吐き出して逃げてしまいます。
渓流の女王と呼ばれるヤマメの場合、それは僅か0.2秒とも。そのチャンスを目で捉え、すかさずラインにテンションをかけて‘アワセ’をいれるにはかなりの集中力を要します。

まずはフライを目で追いやすい止水、池や湖で練習するのが楽しい上達方法だと思います。
羽虫に似せて

フライの中でも特に楽しいスタイルは、ドライフライと呼ばれる‘水面の釣り’だと思います。羽虫に似せた毛鉤をそっと落とし
流れに乗せて誘います。これを本物の虫と思った魚が水面に矢のように飛び出してくる瞬間は本当にドキドキします。
フライキャスティング

次にはこの重さのない、羽のような毛鉤をサカナの目の前にそっと、あたかも虫がフワリと落ちてくるように、自然に運んでやらなければなりません。初めはうまくいかず大いに悩みますが、挫折と発見の繰りかえしも また楽しいものです。
まずは歴史から

古代ギリシャに起源をもつと言われるフライフィッシング。
ビクトリア朝時代のイギリスで貴族階級の社交のたしなみとして技法の基礎が確立され、その後アメリカに渡り庶民のスポーツとして広く普及したそうです。

日本には明治後半、英国人貿易商トーマス・グラバーらが栃木県奥日光で在日外交官や地元の有志と鱒釣りクラブを発足させたのが始まりだといわれています。


清流の鱒釣りに端を発し、河川の鮭、そして大海の大物へとフライフィッシングはその地平を広げてきました。古くて新しいこの釣りの魅力は今もって深まるばかりです。
‘A river runs through it’

Brad Pittが主演したこの映画をみて フライフィッシングというものに興味をもたれた方も多いと思います。モンタナの雄大な自然の中に暮らす人々の陰と陽。厳格な父と それぞれの道を歩こうとする息子達の不器用な交流・・・。 この映画のなかで、三人が 共通の情熱であるフライフィッシングをして川辺で過ごす時間は彼らの人生の交差点となり、節目となる大切な役目を果たしていました。

何かと時間に追いかけられ、大切な人との素直な対話ができる時間が少なくなりがちな現代だからこそ この映画が多くの人の心を捉えたのかもしれません。